カミソリでの処理と保湿

家庭用の脱毛器を買ったのは、いつもカミソリでそったあとに、短い毛が生えてきたのを毛抜きで抜くのが面倒くさかったからです。わたしはいつも、カミソリで剃ったとに短い毛が伸びてくるのが耐えられなかったので、すぐにザラザラして伸びてきたと分かったら自分で毛抜きで抜くようにしていたのですが、毛深かったこともあって、なかなか大変でした。しかし、それをまたカミソリで剃っても、すぐに伸びてきてしまうので、それよりは毛抜きで脱毛したほうが、ムダ毛の伸びもおそくなるだろうと思ったからです。

しかし、家庭用脱毛器をつかおうとすると、伸びてきたばかりのムダ毛のように、あまりに短すぎると、毛をとらえることができなくて、あまりうまく脱毛することができませんでした。こういう家庭用脱毛器を使うには、すこしムダ毛が伸びた状態でないといけないようでした。しかし、そんなに伸びるまでまっていられないので、結局カミソリと毛抜きのコンビでムダ毛処理をしていたほうが、ツルツルの肌でいられる時間は多かったように思いました。

しかし、カミソリでそっていると、とても肌には影響が大きかったです。カミソリでそったあとには、すぐに保湿ケアをしなければなりません。まず、保湿ローションをたっぷりと塗って、水分を補給します。それから、クリームをぬって、その水分が蒸発しないように、きっちりと油で蓋をしてあげる必要がありました。そうしないと、何回もカミソリでそるせいで、肌が乾燥してしまうからです。